水と健康を語る

水の適切な飲み方とは?

水の飲みすぎの危険性については他のページでご理解いただいたかと思います。では適切な水の飲み方って?をご紹介していきます。冷蔵庫で冷やしすぎた水を一気に飲んだり、肝臓疾患の方が適量でない水を摂取すると浮腫ができる場合もあります。こういった場合には、徐々に飲料量を増やしていき、最終的に気持ちよく飲める量にしていけばOKです。水の適切な飲み方としては、様々な方法がありますが、例えばストーブの前で自然に温まった水をゆっくりと飲む!とか、噛むようにしてゆっくり飲む、というのも良いかと思います。最近では体に良い水としてウォーターサーバーなども多数販売されていますが、こちらも注意が必要です。中には成分の問題から健康に良い?と言い難いものもありますので、きちんと成分を確認してからご使用ください。激しい運動の後はスポーツドリンクが良い!とも言われていますが、実はスポーツドリンクにもたくさんの添加物が含まれていますので、別の意味で水毒を引き起こす可能性もあります。健康のい水として精製塩ではないミネラル豊富な粗塩を少量入れて、スポーツ飲料の代わりとするのが良いと提唱している方もいますのでご参考にしてくださいね。